きっと大丈夫なトリキュラー

トリキュラーというピルには生理周期を安定させる効果や生理痛を緩和するなどの効果もあると言われています。
しかし、トリキュラーを飲むと太るという口コミなどもありますし、気になっている人も多いでしょう。
ちなみに、トリキュラー自体に太るという副作用はないと言われています。
しかし、トリキュラーには水分を体内に溜め込むという作用があります。
それによってむくみが発生してしまうため、太ったように感じてしまうということです。
むくんでしまうと太ったように見えてしまうこともありますが、体重や体脂肪などはほとんど変わりません。
最初はホルモンバランスの変化によってむくんでしまうため、副作用が発生したと感じてしまうこともあります。
トリキュラーはもともと安全性の高い薬ですし、副作用のリスクは低いので安心して服用することができるでしょう。

トリキュラーの副作用とは?太るの?

ピルは避妊目的で服用する人が多いでしょう。
ピルといってもいろいろなものがありますが、トリキュラーは低用量ピルの一種です。
効果や副作用の出方には個人差もありますし、同じ薬でも合う人と合わない人がいることを知っておきましょう。
きちんと避妊したい場合は自身の体に合った薬を利用することが大切です。
サラダを食べる女性トリキュラーは太ると言われていますが、その原因について知っておくと良いでしょう。
まずはトリキュラーを服用することで食欲が増進することがあると言われています。
このような副作用が出ることは少ないのですが、含まれている成分によって引き起こされるということです。
トリキュラーなどのピルにはエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが含まれています。
女性ホルモンのエストロゲンには食欲を増進させる働きがあるため、気付かないうちに普段よりたくさん食べて太ってしまうというケースがあります。
食欲が増す理由はピルによる体調不良を改善するためではないかと考えられています。
食べ過ぎると太ってしまいますし、トリキュラーを服用するなら普段の食生活に注意しましょう。

太る原因はトリキュラー以外にもある

もともとトリキュラーは低用量ピルですし、吐き気や太るなどの副作用が起きることは少ないとされています。
しかし、体質などは人によって異なっており、低用量ピルでも副作用が出てしまうこともあります。
また、生理前や生理中は心身ともにかなりのストレスがかかりますし、ストレスを発散させるためにたくさん食べてしまうこともあります。
そのためしっかりと体重管理を行うようにしましょう。
むくんでいる足太るというのは体重の増加だけが原因というわけではありませんし、むくみがある場合も太っているように見えてしまいます。
トリキュラーを服用すると体内に水分を蓄積しやすくなりますし、むくみが発生しやすくなると言われています。
トリキュラーに含まれるエストロゲンという女性ホルモンには水分を溜め込む働きがあります。
ナトリウム貯留を増やす作用があるのですが、それによってむくみが発生しやすくなるということです。
また、水分が増えることで体重も増加してしまうという仕組みです。
ちなみに、生理前などに体内で多く分泌されるエストロゲンには、水分を保つ働きや皮膚の老化を抑制するなどの働きがあります。
アンチエイジング効果もあるため、水分を溜め込むことはある程度仕方ないと言えるでしょう。
水分が増えることで体重が増えてしまった場合も生理が終われば元に戻るのであまり気にしなくて良いとされています。
トリキュラーの副作用として最も多いのが吐き気です。
吐き気は実際に服用している人の多くが経験しているのですが、心配している人もいるでしょう。
トリキュラーによって吐き気が続くと日常生活に支障をきたすこともあります。
吐き気を軽くしたいという場合、酔い止め薬を飲むことや寝る前に飲むこと、1錠を半分にわけて飲むことなどがおすすめです。

トリキュラーは避妊だけでなく生理周期も変えられる

確実に避妊したいという場合、ピルを使うのがおすすめです。
トリキュラーなどのピルは避妊率がかなり高いため、世界中で多くの人が利用しているとされています。
正しく飲んでいればほぼ100%避妊できると言われており、服用をやめれば普通に妊娠することができます。
服用をやめて1~2ヶ月程度で排卵が始まるでしょう。
ピルを飲んでいても成分が体内に残ってしまうことなどはありませんし、将来妊娠を考えている人でも安心です。
卵巣や子宮に関するトラブルを心配している人も多いでしょう。
トリキュラーを飲めば避妊できるだけでなく、女性特有のトラブルを防ぐこともできると言われています。
トリキュラーは女性の体にさまざまな良い影響を与えてくれます。
まずは生理不順を改善し、生理周期を整えるという効果があります。
生理不順に悩んでいる人がピルを飲んだ場合、ホルモンバランスを整えることができるため、毎月同じ時期に生理が来るようになるでしょう。

トリキュラーで生理周期を変える服用方法

また、生理周期を調整して生理開始日を変えることもできます。
旅行や出張などの予定がある時は生理が来てほしくないこともあるでしょう。そのような時にもトリキュラーは役に立つということです。
トリキュラーで生理周期を変えたいという場合、正しい服用方法をしっておくと良いでしょう。
それによって便利に利用することができるのです。
生理を早めたい時は生理開始1~5日目までの間にトリキュラーを飲み始めましょう。
生理が来て欲しい日の2日ほど前に服用をやめると生理が始まるということです。
しかし、以前から服用していることが条件であり、いきなり生理をずらせるというわけではありません。
生理を遅らせる場合は生理予定日の5~7日前から遅らせたい日まで飲み続けることになります。
生理周期は不規則な人は生理を予測することが難しいため、ドクターと相談してみると良いでしょう。
また、子宮に関するがんは女性ホルモンのバランスが乱れることで発生してしまうと言われています。
トリキュラーを服用すれば女性ホルモンのバランスを整えることができますし、がんの発症リスクを低下させることができると言われています。
婦人科系のがんは自覚症状がほとんどありませんし、定期的に検診を受けていないと早期発見が難しいということです。
ちなみに、ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなってしまうこともあります。
生理前になるとニキビができるという人も多いでしょう。
生理前のニキビはある程度仕方ないことなのですが、トリキュラーでホルモンバランスを整えればニキビをできにくくすることもできます。
ニキビを治すことができる薬として利用可能なのです。
また、ピルを使えば女性ホルモンが増えるため、体毛を薄くする効果も期待できます。
毛深い理由はいろいろありますが、男性ホルモンが多いと毛深くなってしまうとされています。
そのためトリキュラーを服用すれば体毛が薄くなることもあるでしょう。

生理痛に悩む女性はピルで改善

生理痛に毎月悩んでいる女性も多いでしょう。
生理痛は市販薬などで抑えているという人もいるかもしれません。
しかし、トリキュラーなどのピルにも生理痛を緩和する効果があるということです。
また、生理不順や肌荒れなどを改善する効果もあるため、チェックしてみると良いでしょう。
生理痛の程度は人によって異なっていますが、生理痛が酷くて毎月の生理が苦痛という人もいるかもしれません。
普通に起きているだけで辛い人もいるでしょうし、なんとかして生理痛を抑えたいものでしょう。
トリキュラーというピルは病院で処方してもらえるのですが、効率よく生理痛を緩和する効ことができると言われています。
また、経血量を減らす効果や生理周期を整える効果、PMSを軽くする効果などもあるということです。
トリキュラーなどのピルには生理痛を軽くする効果がありますが、他にも女性に嬉しいさまざまな効果があります。
避妊以外の目的で使っている人も多いですし、上手く利用すれば女性の味方になってくれるでしょう。
生理痛は子宮内膜に含まれる物質によって子宮収縮が促されることで起こってしまうと言われています。
トリキュラーなどのピルには体を妊娠した状態に近づけることができるため、排卵を止めることができるのです。
また、子宮で卵子のベッドになる子宮内膜の増殖を抑えることにより、子宮の収縮を促す物質の分泌量も少なくなりますし、生理痛が軽減すると言われています。
ちなみに、生理が始まると経血となって出てくるのが子宮内膜であり、トリキュラーを服用すると経血量が減って生理期間が短くなるというメリットもあります。
生理痛が毎月辛いという人や市販の痛み止めが効かない人にも効果があると言われているため、この薬を試してみると良いでしょう。
生理の期間が長くて辛いという人にもおすすめです。

ピルで生理痛を緩和する際の注意点

ピルで生理痛を緩和したいという人も多いでしょう。
その場合は正しい服用方法をしっかり守ることが大切です。
トリキュラーは低用量ピルなので副作用のリスクは少ないと言われています。
女性にとってさまざまな良い影響を与えてくれる薬なのですが、場合によっては血栓症という重い副作用が出てしまうこともあります。
血栓症になるリスクはかなり低いのですが、血栓症になってしまうと命に関わることもあるので注意しましょう。
血栓症になりやすいのは喫煙している人や肥満の人、血圧が高い人、40歳以上の人となっています。
このような人はトリキュラーなどのピルを服用すると血栓症になりやすいため、生理痛を緩和するためにピルを服用したいという場合、リスクを下げるための対策を行っていきましょう。
血栓症のリスクを下げたいと考えているなら、禁煙やダイエット、適度な運動、血液を綺麗にする食事を摂取する、アルコールを控えるなどの方法が効果的です。
また、長期間ピルを服用する場合、定期的に血栓症の検査を受けると良いでしょう。
検査の対応は病院によって異なっていますが、ピルを服用して頭痛や腹痛、息苦しい、胸が苦しいなどの症状が出たら注意が必要です。

避妊目的にトリキュラーなどの低用量ピルを使っている方や、興味のある方もいることでしょう。トリキュラーは避妊のみならず、生理周期の安定や生理痛を軽減させたりも出来ます。しかし副作用が発生することもありますので、そちらも詳しく紹介します。

Ranking

トリキュラーが合わない場合は別のピルを試す トリキュラーはエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンによ...続きを読む

46

トリキュラー飲み始めの不正出血はいつまで? トリキュラーを飲み始めたばかりのころは副作用の症状として不正出血や...続きを読む

46

海外の女性はピルを使用する人が多い 日本はわずか2%、フランスは40%、ドイツ50%、韓国9%という数字は、何...続きを読む

44

トリキュラーを飲んで吐いてしまった場合はどうなる? トリキュラーは毎日続けて飲むことで初めてその効き目が発揮さ...続きを読む

44

トリキュラーは個人輸入で安く買う 低用量ピルであるトリキュラーは薬局やドラッグストアで購入できる薬ではありませ...続きを読む

43