トリキュラー飲み始めの不正出血はいつまで?

トリキュラーを飲み始めたばかりのころは副作用の症状として不正出血や腹痛、頭痛などが頻発することがあります。
もちろん、すべての人がこうした副作用を実感するというわけではなく、ごく一部の人に限ることではありますが、トリキュラーを飲み始めていきなり不正出血、破綻出血が起きたともなればびっくりしてしまう人も出てきてしまうでしょう。
トリキュラーを服用する際には通常、副作用のリスクが多少なりとも出てきます。この点だけはしっかりと押さえておくといいでしょう。
トリキュラーを飲み始めたときの不正出血、破綻出血は通常、2週間前後続くとされています。もちろん、人によってはそれ以下のこともありますし、それ以上、時には1か月以上の期間、出血が続いてしまうケースもあります。
ここまで出血が続くと不安を感じる人もいるかもしれませんが、実際のところ、この不正出血はトリキュラーの2シート目、3シート目を服用していく段階でなくなっていきます。副作用があらわれる期間もごくごく限られているというわけです。
トリキュラーを服用すると初期の段階で副作用があらわれるということは知っていても、実際どの程度の期間それが続くのかわからなければ不安も募ります。そうならないためにも、前もってトリキュラーについての知識はしっかり身に着けておくと良いでしょう。
トリキュラーは通常、休薬期間と呼ばれる7日間に消退出血が起きます。消退出血とはいわゆる生理のようなもので、トリキュラーの服用で摂取していたホルモン成分が体の中からなくなることで体が反応していきます。
トリキュラーを服用している間は女性ホルモンのバランスが調整されている状態のため、子宮内膜の厚みも抑えられ消退出血の量も通常の生理に比べて少なくなっていきます。
一見すると同じような出血のため、不正出血との違いに戸惑うこともあるかもしれません。不正出血と消退出血の違い、これについてもしっかりと押さえておくことをおすすめします。

消退出血との見分け方とは

では、具体的に消退出血と不正出血との見分け方にはどんなものがあるのでしょうか。まずその違いとして、押さえておきたいのが出血のタイミングです。消退出血はトリキュラーの服用中でも休薬期間に限られて起こります。
それに対して不正出血はどのタイミングで起こるかがわからないものなので、休薬期間中の出血であれば消退出血である可能性が高いと判断できるわけです。
また、消退出血の際の血液は黒っぽくなるのが特徴です。不正出血の場合、人によって多少の差はあるものの鮮やかな赤色をしていることが多いため、この違いで消退出血と見分けていくといいでしょう。
ただ、やはり出血の状態や期間、タイミングに関しては個人差が大きくなるため、消退出血と不正出血を明確に見極めることはそう簡単ではありません。
この時点でトリキュラーの服用が心配になってしまう人もいるかもしれませんが、これもあくまで一時的な症状です。ほとんどのケースではトリキュラーの服用を続けることで気が付けば出血が治まっていきます。
もちろん、休薬期間中には定期的に消退出血が起こるため、生理が一切なくなるなんてことはありませんが、トリキュラー服用中の出血でそこまで心配する必要はありません。
トリキュラーを服用する際には、できるだけ前もってこうした基本的な知識を身に着けておくようにするといいでしょう。変に知識のないままトリキュラーの服用をはじめてしまうと、先に挙げたような不正出血や腹痛、頭痛などの副作用で不安が倍増していきます。
余計な誤解を招き、トリキュラー服用のストレスばかりをためる可能性も出てくるため、ここで挙げた知識についてはしっかり押さえておくようにしましょう。

避妊目的にトリキュラーなどの低用量ピルを使っている方や、興味のある方もいることでしょう。トリキュラーは避妊のみならず、生理周期の安定や生理痛を軽減させたりも出来ます。しかし副作用が発生することもありますので、そちらも詳しく紹介します。

Ranking

生理痛だと思っていたら実は子宮内膜症!? 生理痛は生理のある女性の80%近くが多かれ少なかれ感じています。そし...続きを読む

57

ピルと一緒に飲んではいけない薬 基本的に、ピルと一緒に服用してはいけない禁忌薬はありません。例えば、ピルを服用...続きを読む

55

望まない妊娠と出産を防げないのは何故? 子供を授かり、愛情をもって育てることは人として大きな喜びであり、幸せな...続きを読む

51

人気の低用量ピルTOP3をチェック! 低用量ピルにはさまざまな種類があり、トリキュラーやマーベロン、ダイアンや...続きを読む

50

緊急時の避妊薬アフターピルを知っておく アフターピルとはその名前の通り、避妊に失敗してしまった性行為後に服用す...続きを読む

49