人気の低用量ピルTOP3をチェック!

低用量ピルにはさまざまな種類があり、トリキュラーやマーベロン、ダイアンやヤーズなどは人気がありよく利用されています。
低用量ピルは正しく使用することによって、ほぼ完全に避妊することが可能で、妊娠を希望するようになったら服用をやめると妊娠準備には入ることができ、28日サイクルで月経周期を安定することが可能です。
現在社会における女性のライフスタイルに合った避妊方法として浸透されています。ヤーズはドイツの製薬会社が製造販売している超低用量ピルで、より使いやすくなっています。
ヤーズも非常に人気なアフターピルですが、今回はヤーズの他に3つご紹介します。トリキュラーは錠剤のすべてに有効成分が含まれている21錠タイプと、有効成分のない錠剤が7錠が入った28錠タイプがあります。
トリキュラーについての詳しい説明はここでは省きますが、飲んだ初日から避妊作用があります。マーベロンは避妊の効能作用を持つ経口避妊剤で、きちんと使うことによってほぼ完全な避妊を実現することが可能です。
但し、飲み忘れなどによる失敗率は8%ほどあると言われており、飲み忘れ防止や作用をダウンする薬や食べ物などに注意する必要があるでしょう。
ダイアンも低用量ピルの1つで、アジア人女性向けに作られたもので、日本でも女性が多く服用しています。女性は卵巣で2種類の女性ホルモンが作られ、これらの分泌バランスが変わることによって、排卵したり生理となるのです。
酢酸シプロテロンやエチニルエストラジオールのホルモン剤が含まれていて、服用することによって、体内の女性ホルモンのバランスを一定に保つようにします。正しく服用していると、ほぼ100%の確率で避妊することができるでしょう。
低用量ピルは一般的に1日1回に1錠を飲むだけで手軽に試すことが可能です。但し、毎日同じ時間に服用しないと、女性ホルモンのバランスが変化し、排卵を起こす可能性があるので注意しましょう。
避妊目的で服用するなら、決まった時間帯に飲み続けることが大事です。最近では月経不順や子宮内膜症などの治療にも低用量ピルを処方するクリニックが多く、以前よりも普及されています。

人気のアフターピルTOP3をチェック!

アフターピルは低用量ピルと違い、避妊に失敗した場合に基本的に72時間以内に服用すると妊娠しないという緊急避妊薬です。アフターピルにはいろいろな種類があり、人気があるのはアイピルやノルレボ、マドンナです。
ノルレボは日本で販売する初めての緊急避妊薬で、その安全性や有効性は国際的にも認められており、WHO(世界保健機構)において緊急避妊の必須薬として指定されています。
ノルレボは事後できるだけ速やかに飲むことがすすめられていて、服用するタイミングによって避妊成功率に大きな影響を与える可能性があるからです。ノルレボはできるだけ24時間以内に服用した方が良いでしょう。
アイピルは緊急避妊用として使われるノルレボのジェネリック医薬品で、避妊を失敗してしまった場合24時間以内に服用すると、9割以上の確率で避妊に成功するとされています。
一般的なピルとは違ってその日にだけ飲めば良く、万が一に備えてアフターピルを携帯している女性は多くいます。マドンナもノルレボのジェネリック医薬品です。1錠に付きレボノルゲストレルが0.75mg含まれていて、2錠服用します。
2錠1シートになっているので、まず事後72時間以内に1錠を飲み、その後12時間経過した際にもう1錠飲みます。マドンナはヤッペ法と同様の服用方法ですが、中用量ピルではなく緊急避妊薬として利用されています。
アフターピルは受精卵の子宮内膜への着床を予防したり、排卵の遅延を起こすことによって妊娠を回避させるものです。受精した場合にも作用しませんが、着床した場合は避妊することは無理なので気を付ける必要があります。
服用する場合、早ければ早いほど良いとされていて、リミットは目安として一般的に72時間とされています。

避妊目的にトリキュラーなどの低用量ピルを使っている方や、興味のある方もいることでしょう。トリキュラーは避妊のみならず、生理周期の安定や生理痛を軽減させたりも出来ます。しかし副作用が発生することもありますので、そちらも詳しく紹介します。

Ranking

緊急時の避妊薬アフターピルを知っておく アフターピルとはその名前の通り、避妊に失敗してしまった性行為後に服用す...続きを読む

66

人気の低用量ピルTOP3をチェック! 低用量ピルにはさまざまな種類があり、トリキュラーやマーベロン、ダイアンや...続きを読む

63

ヤーズは超低用量ピルだから副作用が少ない ヤーズは、低用量ピルの中でも超低用量ピルに分類されるピルです。ヤーズ...続きを読む

55

海外の女性はピルを使用する人が多い 日本はわずか2%、フランスは40%、ドイツ50%、韓国9%という数字は、何...続きを読む

52

望まない妊娠と出産を防げないのは何故? 子供を授かり、愛情をもって育てることは人として大きな喜びであり、幸せな...続きを読む

50