望まない妊娠と出産を防げないのは何故?

子供を授かり、愛情をもって育てることは人として大きな喜びであり、幸せなことです。しかし、世の中には望まない妊娠によって心を痛めている妊婦や赤ちゃんが多くいるのも現実です。望まない妊娠と言ってもその理由は一つではありません。
若すぎるゆえの無知や避妊の失敗、レイプなどによる被害などがあり、一概に女性の奔放さが理由にならない場合も多くあります。
女性側で妊娠を避ける効果的な方法はピルを飲むということですが、容易に手に入るというものではなく、10代の若者などには産婦人科に行くことすら引け目を感じるということがあります。
また、ピルは飲み続けることが条件であり、経済的にも負担が大きく、副作用などによる体調の管理も必要です。
望まない妊娠の多くが10代などの若い世代や貧困に当たる女性に多いことから、妊娠そのものの知識不足ということも大きく影響していると考えられます。
学校でも性教育は一種のタブーとして扱われている風潮も色濃く残っていますし、若年層の性への興味に教育が追い付いていないという深刻な状況はすぐにでも改善されることが望まれます。
こうした世代が妊娠に気づいてまず考えるのが隠さなければということです。親やパートナーになかなか報告ができないまま手遅れになってしまうケースも多く、発覚したころには中絶のために手術が出来なくなっていることもあります。
こうした場合、妊婦検診など必要な医療サービスを受けていない場合があり、出産のリスクも高まります。
さらに出産にかかわる医療行為は保険がきかず自費で受けなければいけないため、妊娠に気が付いても産婦人科に行けないと思い込んでしまう場合があり、出産にはお金がかかるという社会のシステムも改善しなければいけないことの一つではないでしょうか。他にも出産や子育てに関する情報やサービスの内容をきちんと得られるように改革していくこと、子供たちの教育を見直していくことも重要です。

妊娠すると女性は産みたい気持ちがより強くなる?

女性は妊娠すると様々な体調の変化が現れます。同時に精神的にも不安定になりますが、ある時期を超えると母性が目覚め、子供を産んであげたいという気持ちが大きくなっていきます。
中には望まない妊娠であっても家族の反対を押し切って中絶を拒絶するというケースも珍しくありません。
女性は元々子供を産み育てることが可能というだけでなく、本能として小さな命を慈しみ守ろうとする気持ちを持っています。自分の体の中で徐々に育っていく命を簡単に手術で失ってしまうことに大きな恐怖感や嫌悪感を抱きます。
ここで無理やり中絶を行ってしまうことは後々まで大きく続く精神的ダメージを与えることになりますので、手遅れになった場合を含め出産させるという選択を選ばざるを得ないことも覚悟しなければいけません。
経済的にも子育てをする環境が整えられない場合は、出産後に養子縁組をするということも考えてみましょう
養子縁組はNPO法人の命をつなぐゆりかごなどで相談することができます。赤ちゃんを産んだけれど育てることができないと悩むことは決して恥ずかしいことではありません。
手放したくないと感じることも当たり前のことですが、赤ちゃんのことを第一に考え、未来の幸せを考え、お互いにとって最善の道を選ぶことは親としての責任でもあります。
出産直後は女性も精神的に不安定になっていますので、まとまっていた話を覆すといったこともあり得る話です。しかし、家族が無理やりにでも赤ちゃんを養子に出すことは避けなければいけません。
時間をかけてみんなでよく相談し、他に手はないと納得してからNPO法人命のゆりかごに全てを託して赤ちゃんの幸せな未来を願ってあげましょう。

避妊目的にトリキュラーなどの低用量ピルを使っている方や、興味のある方もいることでしょう。トリキュラーは避妊のみならず、生理周期の安定や生理痛を軽減させたりも出来ます。しかし副作用が発生することもありますので、そちらも詳しく紹介します。

Ranking

生理痛だと思っていたら実は子宮内膜症!? 生理痛は生理のある女性の80%近くが多かれ少なかれ感じています。そし...続きを読む

57

ピルと一緒に飲んではいけない薬 基本的に、ピルと一緒に服用してはいけない禁忌薬はありません。例えば、ピルを服用...続きを読む

55

望まない妊娠と出産を防げないのは何故? 子供を授かり、愛情をもって育てることは人として大きな喜びであり、幸せな...続きを読む

51

人気の低用量ピルTOP3をチェック! 低用量ピルにはさまざまな種類があり、トリキュラーやマーベロン、ダイアンや...続きを読む

50

緊急時の避妊薬アフターピルを知っておく アフターピルとはその名前の通り、避妊に失敗してしまった性行為後に服用す...続きを読む

49