生理痛だと思っていたら実は子宮内膜症!?

生理痛は生理のある女性の80%近くが多かれ少なかれ感じています。そしてそのうちの約30%の人は鎮痛剤が必要なくらいの生理痛です。そのため、生理痛があってもそれが異常だと思う人はほとんどいないでしょう。
スルーできる範囲の生理痛は、特に問題はありません。
しかし、仕事や学校を休みたくなるくらいの生理痛や、毎回鎮痛剤が必要になる場合は、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が隠れている可能性も考えられます。
子宮筋腫は生理のある女性の5人に1人、子宮内膜症は生理のある女性の10人に1人がなると言われています。そして近年子宮内膜症になる女性が急激に増えています。
子宮内膜症になる女性が増えているのは、未婚女性が増えたことや晩婚化による高齢出産や出産の経験のない女性が増えたことがあげられます。これらが原因で生涯の月経回数が大幅に増えています。
現代女性の一生涯の月経回数は、戦後女性の約9倍だというデータもあります
子宮内膜症の典型的な主な症状としては、生理痛があげられます。ひどくなると生理の時以外にも腹痛を感じるようになります。胃が痛くなる人も、少なくありません。
生理の時以外に胃が痛くなるので婦人科系の問題だとは思わず、仕事が忙しかったからだろうとか、人間関係のストレスだろうなどと思っていたと言う人もいます。
腹痛を市販の胃薬で凌いでいたけど、効かないので内科を受診してそこで初めて婦人科系の病気が疑われた、という人も少なくありません。
子宮内膜症はこのような腹痛の問題だけではなく、不妊症の原因にもなります。不妊症の相談のために訪れた婦人科で初めて子宮内膜症が発覚したというケースも多いです。
また、子宮内膜症が原因で性交痛が起きることもあります。性交痛があっても多くの人はそれが子宮内膜症が原因だとは思わず、自分自身を責めたり夫に問題があると思ってしまいます。そのために夫婦関係にヒビが入ることも少なくありません。
子宮筋腫の場合は、筋腫が大きくなると周りの臓器を圧迫することもあります。そのため、腸を圧迫されて便秘や下痢の原因となることもあります。膀胱を圧迫されて頻尿になる人もいます。
便秘や下痢になっても、まさか子宮筋腫だとは思わず市販薬で自己治療を試みますが、効かないというケースが多いです。中には10年以上苦しんでいた人もいます。
このように子宮内膜症や子宮筋腫は、多くの事に影響を及ぼします。

体の小さな変化にも敏感になることで病気を早期発見

生理は毎月ありますが、1か月に1回、あなたの体が発行している月刊誌だと言えます。生理痛が強くなったり、生理の量がいつもよりも多くなったりした時は、それは体が発しているサインかもしれません。
「今月はいつもと違う」という小さな変化にいち早く気がつくことで、早期のうちに発見して早期のうちに治療できた例もあります。
生理痛くらい誰にでもあることだと考えるのではなく、生理時の腹痛や体調不良でつらい時は産婦人科を受診することをおすすめします。
イギリスやフランスなどでは初潮が始まると、お母さんは婦人科医に自分の子どもを連れて行き「娘が初潮を迎えたのでよろしくお願いします」と挨拶に行きます。娘さんがいる場合は、内科のかかりつけ医以上に婦人科のかかりつけ医を大切にします。
日本ではまだまだ婦人科を受診するのは敷居が高く抵抗が強い人も多いようですが、気軽に何でも相談できる産婦人科医をかかりつけ医に持っておくことは、女性の生活の質を大きく上げることになるでしょう。
近年「妊活」という言葉が頻繁に使われるようになりました。しかし、結婚して赤ちゃんが欲しくなってから妊活をするのではなく、初潮を迎えた時から始めるのがベターです。
子宮内膜症から不妊症になることを防ぐためには、生理痛や生理不順などの婦人科系のトラブルを、きちんと治療しておくことが重要ポイントです。
そしてそれは、妊活だけではなく女性が充実したより良い毎日を過ごすためにも、あなたがあなたらしく毎日を過ごすためにも重要なことです。
生理があることが煩わしく感じる時もあるでしょう。しかし、1か月に1回くらいは自分の体と向き合うようにして、いち早く小さな異変をキャッチしましょう。

避妊目的にトリキュラーなどの低用量ピルを使っている方や、興味のある方もいることでしょう。トリキュラーは避妊のみならず、生理周期の安定や生理痛を軽減させたりも出来ます。しかし副作用が発生することもありますので、そちらも詳しく紹介します。

Ranking

生理痛だと思っていたら実は子宮内膜症!? 生理痛は生理のある女性の80%近くが多かれ少なかれ感じています。そし...続きを読む

58

ピルと一緒に飲んではいけない薬 基本的に、ピルと一緒に服用してはいけない禁忌薬はありません。例えば、ピルを服用...続きを読む

55

望まない妊娠と出産を防げないのは何故? 子供を授かり、愛情をもって育てることは人として大きな喜びであり、幸せな...続きを読む

51

人気の低用量ピルTOP3をチェック! 低用量ピルにはさまざまな種類があり、トリキュラーやマーベロン、ダイアンや...続きを読む

50

緊急時の避妊薬アフターピルを知っておく アフターピルとはその名前の通り、避妊に失敗してしまった性行為後に服用す...続きを読む

49